合併でリストラはされるのか?

合併によってリストラをされるものなのでしょうか。

企業合併には、企業の業務拡大を図るための前向きな合併もありますが、業績不振による倒産の危機を回避するための企業吸収などもあります。

企業が合わさることを合併と呼びますが、その実、様々な事情を抱えていて、個別の呼称をすると内情がしっかりと浮き彫りにされてしまいます。

どのような形であれ、複数の企業が事業を共にしようとするときにしわ寄せが来るのは社員です。

意外と残りやすいのは若手、新人社員と言われています。

企業のカラーに染まりきっていないことや給料が安いことなどがその理由と言われています。

逆に、中間管理職はどの会社でも数が多いため、特別な能力がない限りはリストラの標的にされやすい傾向にあります。

また、立場の弱い会社の方が標的にされる人数も多くなります。

合併するからには企業として成功しなければ意味がありません。

そのため、時間をかけて双方が折衝をしていたのでは間に合わないこともあります。前に見えている相手企業の無駄や経営欠点などについてはとことん話し合う必要がありますが、一歩でも譲った方が負けです。

譲る姿勢を見せれば多くの社員がリストラの憂き目にあうことは目に見えています。

自社側のトップが給与、早期退職金などについて損をしない形で決着をつけてくれたら良しとしなければなりません。最悪の場合には、早期退職者への配慮がまったくされないこともあるのです。

たとえリストラの対象にならないとしても、給与や賞与、昇進などの規定が変更されて、待遇が悪くなることも予測されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存