退職金にかかる税金はいくら?

会社を退職すると退職金をいただける場合がありますが、退職金にかかる税金というのはいくらになるのでしょうか?

退職金は「退職所得」として課税されます。

この退職所得には退職一時金が含まれ、同じ年に受けた場合には合算して課税されます。

退職所得は次のように計算します。

退職所得=(収入金額−退職所得控除額)×0、5

※退職所得控除額の計算方法

勤続年数=20年以下 勤続年数×40万円
勤続年数=20年越 (勤続年数ー20年)+800万円

税率の計算方法

退職所得を計算したらその金額に次の税率をかけることで退職金にかかる税額が決定します。

195万円未満 A×0、05
195万円超330万円未満 A×0、10−97500円
330万円超695万円未満 A×0、20−427500円
695万円超900万円未満 A×0、23−636000円
900万円超1800万円未満 A×0、33−1536000円
1800万円超 A×0、4−2796000円

この計算式に当てはめてみますと、ほとんどの場合には退職金に税金はかからないことがわかります。

ただし、これまでに退職金をもらってことがある場合や、2カ所以上から退職金をもらう場合は控除額の計算が違ってくることがありますから注意しましょう。

なお、退職金を受け取る際に「退職所得の受給に関する申告書」を支払いを受ける会社に提出している場合には会社が所得税を計算し、退職金を支払う際に源泉徴収として支払ってくれているため、改めて確定申告をする必要はありません。

しかし、この申告書を提出しなかった場合は退職金額の20%が源泉徴収されることになるため、払いすぎた分を還付してもらうためにも確定申告をする必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存