倒産する会社から退職金はもらえるのか?

突然自分の勤める会社が倒産する場合、退職金はもらえるのでしょうか。

倒産による退職あるいは解雇の退職金は、会社に退職金規定があればその規定に沿って請求ができます。

しかしこれは「会社が倒産した場合は未払い金の請求を」で紹介した通り、会社に支払い能力がある場合に限ります。

(支払能力がなければ減額(一部未払い)となります。)

では、退職金規定がない場合はどうなるのでしょうか。

退職金規定が会社にない場合は法律的には会社には支払い義務はないとされています。

しかし、過去の慣例として退職金が支払われている場合には、退職金の請求が可能な場合があります。

その場合は、過去の退職金の支払いに関する資料をできるだけたくさん集めて、会社側に証明しましょう。

これに対して会社が交渉に応じてくれれば退職金が支払われる可能性があります。

もし、会社が交渉に応じない場合は、新たに退職金協定を会社と結ぶという手もあるでしょう。

また、もし会社が中小企業退職金共済制度を利用しているのなら、従業員が退職した場合に直接退職金んの全額もしくは一部が支払われます。

なお、退職金の支払いは一括払いで行われるのが原則です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存