解雇や退職の場合でも有給休暇の取得は可能

例え解雇や退職で残りの勤務日数が少ないようでも、不消化分の有給休暇を消化することが出来ます。

もし、会社が「時季変更権(有給を取られると業務に重大な支障をきたすという時に有給をずらすことが出来る権利)」を行使してきてもこれは無効になります。

というのも、近日辞めるのですから有給休暇を後ろにズラすことが出来ないからです。

退職後に年休を取るということはいくらなんでもできないのですから、結果的に有給休暇はかならず消化することが出来ます。

極論を言えば退職日まで一気に有給を使ってもう一切会社には来ないということも可能です。

しかし、やはりそのような事をされると引継ぎなどで会社に迷惑がかかりますから、そこは大人になって消化可能な分の有給を消化し、消化できない分は会社に買い取ってもらうなどの措置を取りましょう。

解雇されるなら有給休暇は買い取ってもらえるで紹介しているように、有給休暇は買い取ってもらえる可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存