解雇予告は少なくとも30日前まで

会社が労働者を解雇する場合、少なくとも30日前までに解雇予告を行わなくてはいけません。

また、もし会社が即時の解雇を行いたい場合は、その社員に対して30日分以上の解雇予告手当を支払う必要があります。

もしこのような手続きを踏んでいない状態で解雇通告をされた場合は無効となりますので留意しておきましょう。

しかしこの手続きには例外が存在します。

まず、労働者が刑事罰を受けたり、2週間以上の無断欠勤などをしたなど、「労働者の責に帰す理由がある」場合で、「労働基準監督署長の認定」を受けた場合には会社側は従業員を即時解雇することが出来ます。

また、日雇いや、期限を定めた雇用者などの場合も解雇予告を必要としておらず、即時解雇が可能となります。

解雇を宣言されたらこのような手続きに乗っ取って行われたかをしっかりと確認しましょう。

いずれにせよ、解雇においては会社側も労働者側も感情的にならず、お互いに冷静に対処することが大切になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存