国民健康保険の手続きとは

国民健康保険手続き方法を解説します。

国民保健とは国民皆保険制度に基づき、企業などで健康保険に加入していない人が、住民登録をしてある市町村区で加入することが義務付けられている健康保険です。

会社を退職して他に選択するものがない人は、全員この保険に加入することになります。

国民健康保険の加入手続き方法

国民健康保険の手続きは住民登録をしてある自分の住所の市区町村役場の国民健康保険窓口で行えます。

原則として、離職して健康保険の受給資格を失った日から14日以内に手続きをしないといけません。

(遅れた場合でも追納できますので安心してください。しかし、遅れすぎると利息が増えて負担が大きくなりますので注意)

手続きに必要なものは

1.健康保険の「資格損失届」のコピーなど退職を証明できる書類。

2.印鑑

です。

市区町村によって他にも必要なものがあったりしますので、事前に管轄の役場に確認しましょう。

国民健康保険の仕組み

国民健康保険の保険料は前年の所得に基づいて計算されます。

また、国民健康保険は世帯主、その配偶者と子供など家族全員が被保険者となり、それぞれに保険料がかかってきます。

健康保険に加入していた時は被保険者の給料から保険料が天引きされて、被扶養者は保険料を負担することなく給付を受けることができてましたから、国民健康保険に加入する際は注意が必要です。

一般的には健康保険を任意継続するより国民健康保険に加入する方が保険料が安くなるようになっていますが、扶養する人数や住宅などにかかる固定資産税の額などによって金額が変わってきますので、どちらが確実に安いかはわかりません。

事前に自分の住所の役場で相談しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存