任意継続被保険者への手続きとは

任意継続被保険者に加入するための手続き方法を紹介します。

任意継続被保険者とは、会社を辞めた後もそれまでの健康保険に2年間だけ継続して加入するものです。

離職前は会社と折半していましたが、離職すると全額自己負担となりますから注意しましょう。

国民健康保険は前年の収入により保険料が決まるため、退職の翌年になると任意継続よりも保険料が格段に安くなります。

しかし、退職後の収入で保険料が決まる期間は退職する時期で異なりますので、自分にとっての最適の保険をしっかりと決めましょう。

任意継続被保険者への手続き方法

任意継続を希望する場合は、離職した日の翌日から20日以内に「健康保険任意継続被保険者資格取得申請書」を該当団体に提出してください。

協会けんぽ→自宅住所地を管轄する協会の都道府県支部

組合健保→事務所

被扶養者がいる場合は、「被扶養者届」と生計維持を証明する書類をあわせて提出します。

組合保険の場合は、組合によって手続き方法が変わってきますので手続きの際はあらかじめ確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存