若者向けの就職支援制度を積極的に活用しよう

もし会社を若いうち(35歳未満)に退職したのなら、政府が行っている「若者向けの就職支援制度」を積極的に利用しましょう。

ハローワークには「若年者支援窓口」が授けられているところがあり、担当者によるキャリアカウンセリングや、若者の希望に沿った求人情報の提供を行っています。

また、「ジョブカフェ」という制度では、就職セミナーや職業紹介までの総合的な支援を行っています。

さらに、ジョブカードシステムというものも近年導入されています。

このシステムはもともとフリーターなどの職業能力を高める目的で始まりました。

ジョブカードシステムでは、職務経歴や学歴、資格の取得状況などを一冊のファイルにまとめてあります。

求職者はこのファイルを持って、カウンセラーとのキャリアカウンセリングを行うことが出来ます。

もしカウンセラーが訓練が必要と判断したならば「雇用型訓練」「委託型訓練」「公共職業訓練」「求職者支援訓練」の4つのコースがある「職業能力形成プログラム」に参加することが出来ます。

このプログラムに参加すると賃金が支払われるほか、訓練実施企業での正社員への道が開かれる可能性があるのです。

まだ年齢が若い方はこのような制度を有効に活用して転職を成功させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存