契約社員の保険事情:契約社員になる場合は注意

契約社員とは、正社員と近い労働条件で一定の期間だけの雇用契約を結んだ社員の事を指します。

一定の期間だけですから、長期的な身分は保証されているわけではありません。

この契約社員ですが、正社員に比べると非常に対応が悪くなっています。

まず退職金や賞与が基本的にはありません(会社によって異なりますが)。

また社会保険などの加入には条件が発生します。

健康保険・厚生年金の場合

①契約期間が2か月以上であること

②所定労働時間がほかの一般の労働者と比べ4分の3以上であること

という2つの条件を満たさないと加入できません。

さらに雇用保険に加入したい場合

①31日以上雇用される見込みがある事

②所定労働時間が週20時間以上ある事

というこちらも2つの条件を満たす必要があります。

入社してからのトラブルがないように、契約時に雇用条件内容をしっかりと確認し、どのような保険に加入できるのかを自分でしっかりと理解しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存