履歴書の志望理由の書き方

志望理由は応募者が相手方の会社に対する関心や熱意をアピールする場所です。

自分の言葉で相手に想いを伝えるようにしましょう。

絶対にやってはいけない書き方は以下の二つです。

① どの会社でも通用しそうな内容を書く

「これまでの経験を活かせそうだから」「御社の商品やサービス内容に将来性を感じたため」など、ありきたりでどこでも通用しそうな文章には魅力が感じられません。

② 長々と書く

やる気を見せようと会社のことを調べ上げて長々と文章を書くことはオススメできません。

このような文章を書く人は会社が自分に与えてくれるものに対する期待は強いものの、自分が会社の業績に貢献しようという意識はあまりないと判断されます。

ではどのような志望理由が最適なのでしょうか。

それは、会社の業務内容や現在必要としている人材を的確に把握し、自分の能力がどのように生かせるかを冷静に判断して、完結に説明している文章です

このような文章は面接官に対しての印象が非常に良く、採用が一気に近づきますから、みなさんも自分の文章がこのような文章になっているか気を付けて記入しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存