会社に電話で応募する際のマナー

求人情報誌には応募の際は「まずは電話で連絡」と書かれている場合があります。

電話での連絡は自分の第一印象が決まる機会です。

丁寧な口調、そして失礼のない対応を心がけましょう

具体的には電話で連絡する際には次のことに気を付けましょう。

① 時間と場所を選ぶ
電話はなるべく静かなところでかけましょう。

また、携帯電話の場合、電波条件がいい所を選びましょう。

電話をかける時間帯は営業時間中なのはもちろんのことですが、昼休みの直前や就業時間ギリギリに電話をかけることは控えましょう。これは社会人としての最低限のマナーです。

② メモを準備する
相手がいったことを忘れてしまっては元も子もありません。
メモを用意して、逐一書き取りまししょう。
また、大事な情報(面接官の日時や時間)は必ず復唱するようにしましょう。

③ 質問事項をまとめておく
聞いておきたい質問は事前にまとめておき、聞き忘れがないようにしましょう。

また、質問内容としては業務内容や応募条件などはいいですが、深く突っ込んだ内容(給与条件や労働時間など)は失礼ですので絶対に聞かないようにしましょう。

④ ハッキリと話す
モゴモゴとした話し方は印象が最悪です。
滑舌良くハキハキと話しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存