求人情報媒体を確認しよう

転職に際して、求人情報の入手にあたっては民間会社や公的機関の窓口を積極的に利用しましょう。

以下に主な求人情報媒体とその特徴を紹介します。

①求人情報誌

幅広い案件を扱っているのが特徴な紙媒体の求人情報媒体です。

フリーペーパーは地元の企業の情報が豊富ですので、次の仕事は地元で決めたいという人には最適です。

しかし、大企業や専門的な分野の案件は非常に限られているので注意が必要です。

②求人情報サイト

求人情報誌のインターネット版です。

紙媒体のものより更新頻度が高く、常に最新の情報を得ることが出来ます。

また、希望条件を指定して絞り込み検索ができるのも特徴です。

③企業のホームページ

企業のホームページに採用情報が出ている場合があります。

④転職エージェント

求人情報サイトより、かなり専門的な案件や、大企業の案件を取り扱っています。
マンツーマンで転職支援をしてくれるので利用すると大変便利な存在です。

詳しくは転職エージェントを利用しようで解説しています。

⑤新聞・業界紙

全国紙では、求人情報が掲載されています。
また折り込みチラシには地元企業の案件が多数掲載されていますのでチェックしてみるといいでしょう。
また、自分の希望業界の専門誌を選べばその業界紙が非常に役に立ちます。

⑥ハローワーク

王道ですが、ハローワークには非常にたくさんの案件が集まっています。
自由に閲覧できるものがあれば、登録制の者もあります。
ハローワークで各種保険の取り扱いもしますから、求職中の方は絶対にハローワークに登録しておきましょう。

⑦人材銀行

40歳以上の高度な職務知識を身につけた人に限定して職業紹介を行う公的機関です。

あらかじめ自分の経歴や希望業種を登録しておけば、一致する案件の連絡が来るシステムになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存