「 会社を解雇されたら 」一覧

NO IMAGE

解雇や退職の場合でも有給休暇の取得は可能

例え解雇や退職で残りの勤務日数が少ないようでも、不消化分の有給休暇を消化することが出来ます。 もし、会社が「時季変更権(有給を...

記事を読む

NO IMAGE

解雇されるなら有給休暇は買い取ってもらえる

解雇や退職などで会社を辞める時に残っている年次有給休暇は、会社に買い取ってもらえる可能性があります。 実を言うと有給休暇の買い上げ...

記事を読む

NO IMAGE

解雇されるなら未払い残業代を請求

会社を解雇され辞めることになったら、2年前までの未払い残業代を請求しましょう。 労働基準法では正規賃金の1.25倍が残業手当として...

記事を読む

NO IMAGE

学費が払えない場合はどうする?

急な失業などによって子供の学費が払えない場合はどうすればいいのでしょうか。 日本では国や地方の団体が、家庭の経済状況が悪化してもなるべく退...

記事を読む

NO IMAGE

内部告発での解雇は無効

内部告発とは、会社などの組織内の人間が、所属している組織の不正を監督官庁や検察庁、報道機関へ通報することを指します。 会社の不正というもの...

記事を読む

NO IMAGE

会社が倒産した場合は未払い金の請求を

会社が倒産した場合の解雇で未払いの賃金はもらえるのでしょうか。 会社が倒産した場合、会社に財産が残っていれば税金や社会保険料などの滞納分と...

記事を読む

NO IMAGE

クビになったら退職金はもらえるのか

解雇は、本人の意思に反して無理やり辞めさせられるわけですから、その後の生活に困る可能性があります。 では、いきなりクビを宣告された場合、退...

記事を読む

NO IMAGE

クビになったら財形貯蓄と社内預金を解約

財形貯蓄とは、「労働者財産形成促進法」という法律に基づき、希望する会社と労働者が契約して、会社が労働者の為に行う言わば「積立金」のようなもの...

記事を読む

NO IMAGE

出産での解雇は禁止

女性の出産に関しては、法律で手厚く保護されています。 会社は女性を”出産すること”を理由として解雇してはいけません。 また、出産前の42...

記事を読む

NO IMAGE

解雇予告は少なくとも30日前まで

会社が労働者を解雇する場合、少なくとも30日前までに解雇予告を行わなくてはいけません。 また、もし会社が即時の解雇を行いたい場合は、そ...

記事を読む